『監督 内田伸輝×撮影 斎藤文 特集上映』(10/31up)

■11月24日(土)~11月30日(金) 1週間レイトショー *日替わり上映
■上映時間=連日20:30~(予告なし/本編よりスタート)
■上映スケジュール

11/24(土) 『ぼくらの亡命』
11/25(日) 『キエル』+『カミソリ』
11/26(月) 『52ヘルツの鯨』+『SNEAKIN' NUTS』
11/27(火)  『えてがみ』
11/28(水) 『赤い森』+『躾』+『クロッキー』
11/29(木)  『ふゆの獣』
11/30(金) 『ぼくらの亡命』

■料金=一般1500円、大学生1300円、高中小シニア1000円 全席指定(チケットは当日の朝より受付開始いたします)
 前売鑑賞券(1200円)絶賛発売中!


©映像工房NOBU
『ぼくらの亡命』 2017年/115分 マコトヤ/16:9/DCP

監督・脚本・美術・録音・音響効果・整音・編集・制作・プロデューサー:内田伸輝
撮影監督・スチール・美術・衣装・メイク・制作・プロデューサー:斎藤文
録音:新谷寛行  音楽:Yamikurae
出演:須森隆文/櫻井亜衣/松永大輔/入江庸仁/志戸晴一/松本高士/鈴木ひかり/椎名香織/森谷勇太/高木公佑

東京近郊のテントで暮らす昇は美人局をやらされている樹冬を見かける。助けるからと彼女の身代金を要求するも失敗、男を刺した彼女に日本脱出を持ちかけて…遠い空に行かなくちゃ。吐きたくなるほど愛されたいんだ。主演ノボル役・須森の怪優度が光る、現代のエゴイズムを極限まで描いた問題作。内田・斎藤の過激度満載の最新作。


©ENBUゼミナール
『キエル』 2013年/65分 協力・作品窓口:ENBUゼミナール/16:9/Blu-Ray

監督・脚本・編集・サウンドデザイン・制作担当:内田伸輝
撮影監督・スタイリスト・制作担当・車両・スチール:斎藤文  録音:辻野正樹
出演:大村昌也/岡奈穂子/濱仲太/土屋陽平/小崎愛美理/矢野杏子/海老原恒和/平岡佑介/川添由夏子/成瀬大樹/大西冬馬

新人監督のマサルとプロデューサーたちが開催する超低予算映画の主演オーディションは、出来レースだった。監督、悪徳プロデューサー、役者たちーーそれぞれの葛藤や腹の底がオーディションを通して見え隠れする。内田の実体験的リアルに、映像俳優コースの俳優が見事に反応。


©HIROYUKI SHINTANI
『カミソリ』 2015年/13分20秒
協力・作品窓口:ショートショート フィルムフェスティバル&アジア/モノラル/16:9/Blu-Ray

監督・脚本・編集:新谷寛行
撮影監督・カラーグレーディング:斎藤文  録音:佐藤慎也
出演:新谷寛行/松田美和/高木公介

マサオの営む床屋。親友コージが髪を切りに来ている。マサオはコージに妻クミコが不倫しているらしいと告げる。外出していたクミコが帰って来ると店に不穏な空気が漂い始める…。とぼけた演技を緊張する視点でリアルな日常を捉えた新谷寛行初監督作品。日本芸術センター第8回映像グランプリ監督賞、横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2016短編部門 最優秀賞を受賞。


©It’s OK FILM
『52ヘルツの鯨』 2018年/97分 協力・作品窓口:阿部綾織/16:9/Blu-Ray

監督・脚本・編集:阿部綾織
撮影監督・車両・スチール・助監督:斎藤文  編集・録音:内田伸輝
録音:高橋敏之  音楽:齋藤浩太  劇中曲&バンド:野口ゐうと(the RADs)
出演:細川佳央/奥天昌樹/野口ゐうと(the RADs)/よこえとも子/宮本英一郎/橋野純平/志戸晴一/小悪魔系アイドル美少女王様*乙姫エミルちゃん☆★/巻島みのり/浦田亨

サラリーマンのヒビキは恋人に振られ仕事も上手くいかず焦りや苛立ちで体調が悪い。バーで倒れ、絵描きのマチとパンクロッカーのヨルに助けられる。マチの勧めで精神科を受診し、二人と心を通わせはじめるが、マチを10年間苦しめるパニック障害は救いを見いだせないまま、ひび割れていく…。世界一孤独なクジラ「52」をモチーフにした世界一孤独なヒビキ、世界一孤独なマチ、そして世界一孤独な私たちみんなの物語。世界一声高なラブソング。初の単独監督作品。第19回 TAMA NEW WAVE「ある視点」部門正式上映。


©SNEAKIN'NUTS
『SNEAKIN' NUTS』 2018年/4分 協力・作品窓口:SNKレコード/16:9/Blu-Ray

監督・編集:内田伸輝
撮影監督・カラーグレーディング:斎藤文
出演:竹村駿/野口ゐうと/RYO/YU-KING

2018年10月デビュー。平成最後のロックンロールバンド「SNEAKIN' NUTS」。 Vo. の竹村駿を中心に「RYO&THE HEARTBREAKERS」 の RYO(Gt.)、「theRADs」リーダーの野口ゐうと (Ba.) を迎え結成。1st single『スウィー ト・ランデブー』、ロックンローラー達が切なく泥臭く唄 いあげる究極の LOVE SONG !野口が出演する『52 ヘ ルツの鯨』と併映。


©映像工房NOBU
『えてがみ』 2002年/95分
マコトヤ 協力・作品窓口:ぴあフィルムフェスティバル事務局/4:3/Blu-Ray

監督・脚本・撮影:内田伸輝
音楽:中津昌彦
出演:鍋山晋一/飯島功丈/渡邊慎一郎/渡邊慎太郎/渡邊頴子

出会った人達の似顔絵を葉書に描いて送るナベと俳優志望のヨシタケの共同生活。人生を軽んじるかのようなヨ シタケの姿は真面目に向き合おうとするナベとそぐわな い。この二人の小さな社会のズレは拡大するばかり。『ゆきゆきて神軍』ミレニアム版ドキュメンタリー。PFFアワード2003審査員特別賞ほか受賞。


©ENBUゼミナール
『赤い森』 2014年/60分 協力・作品窓口:ENBUゼミナール/16:9/Blu-Ray

監督・脚本・編集・整音・サウンドデザイン:内田伸輝
撮影監督・スタイリスト・車両・スチール:斎藤文  録音:弥栄裕樹
出演:山口真吾/堀山俊紀/大原千秋/牛島遼/上杉潤/櫻井達理/長谷川隆/鯰江りこ/佐久間弘典/高橋大樹/清水崇弘/高橋莉乃

2030年ニッポン。反政府活動によりパスポートを取り上げられ公安に監視された人たちは整形をし偽造パスポートで国外へ脱出しようとするが…武器を持った人達の、暴力による連鎖を描いたバイオレンス映画。


©バウムアンドクーヘン
『躾』 2018年/5分30秒 協力・作品窓口:バウムアンドクーヘン/16:9/Blu-Ray

監督・脚本・音響効果・整音:内田伸輝
撮影監督・カラーグレーディング:斎藤文  録音:巻島みのり
出演:森啓一朗/大田恵里圭

愉歌子は夫・勝にシツケされていた。些細な事で責め人格否定する夫。愉歌子に3つ目の減点が点いた時、シツケという名の体罰が始まる、果たして愉歌子は夫のDVに声をあげる事ができるのか。待望の#MeToo映画。


©jungle・映像工房NOBU
『クロッキー』 2018年/4分 協力・作品窓口:映像工房NOBU/16:9/Blu-Ray

監督・脚本・編集:内田伸輝
撮影監督・カラーグレーディング:斎藤文  録音:阿部綾織
出演:sono(JUNGLE)/小林真白(JUNGLE)

愉歌子をクロッキーする妹の樹冬。濃密な二人の時間に割りこむ携帯の着信音。オーディションに受かった姉を祝福する妹、二人は別々のステージに乗るかもしれないけれど、二人の距離は…。強くて温くて冷たくて淡く危うい姉妹ならではの一瞬。


©映像工房NOBU
『ふゆの獣』 2010年/92分 マコトヤ/16:9/Blu-Ray

監督・編集・構成&プロット・撮影・音響効果:内田伸輝
制作・撮影・スチール・ピアノ演奏:斎藤文
出演:加藤めぐみ/佐藤博行/高木公介/前川桃子

恋人シゲヒサの浮気で精神不安定なユカコを定介抱した同僚ノボルはアルバイトのサエコに惹かれてる。シゲヒサの浮気相手はサエコだった。狭い部屋で顔を合わせた4人…世界が壊れていく。サディスティックな演出で強烈な疾走を生みだした奇跡的劇場デビュー作。東京フィルメックスグランプリ受賞。

会期中のイベントやその他最新情報は本ページにてお知らせいたします。
お問合せ : 池袋シネマ・ロサ 03-3986-3713   『監督 内田伸輝×撮影 斎藤文 特集上映』オフィシャルホームページ