没後2年 エリオット・スミス追悼上映  〜fragments of Elliott Smith〜
 2005 / 10 / 21 / Fri  23:00 Start  at Cinema ROSA          前売 ¥2,000   当日 ¥2,300
 2年前のこの日にこの世を去った90年代を代表するシンガーソングライター、エリオット・スミス。そんな彼の美しい音楽が散りばめられた3作品をオールナイトで一挙上映!!
 上映作品
  
サウスランダー / southlander
2001年 / アメリカ / 80分 / カラー  劇場未公開作品 *プロジェクター上映
監督:スティーブ・ハンフト
出演:ベック / ベス・オートン / エリオット・スミス / ロリー・コクレイン / ロジー・ハリス / リチャード・エドソン
エリオット・スミス主演の短編「strange parallel」や初期ベック等のPVなどを手がけたスティーブ・ハンフト監督による、オフビート・B級テイスト満載の作品。エリオット本人がローディー役で少し登場するほか、ベック,ベス・オートン,ジェニファー(元ロイヤルトラックス),マーク・ゴンザレス,リチャード・エドソンなど、音楽・映画・アートシーンに欠かせない人物が多数出演している。 作品中、『snowbunny's serenade』の演奏はエリオットの手によるもの。エンドロール曲『splittville』は、友人であるスティーブ監督に依頼され、書き下ろした曲となる。
作品内使用曲 : splittville / snowbunny's serenade
 
僕たちのアナ・バナナ  / keeping the faith
2000年 / アメリカ / 129分 / カラー
監督:エドワード・ノートン
出演:ベン・スティラー / エドワード・ノートン / ジェナ・エルフマン
演技派俳優エドワード・ノートンの初監督作品。 人類永遠のテーマ(?)である男女の三角関係を中心に、宗教という重くなりがちな題材を絡めながらも、軽やかに描いたラブコメディー。
作品内使用曲 : pitseleh
 
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち / good will hunting
1997年 / アメリカ / 127分 / カラー
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:ロビン・ウィリアムズ / マット・デイモン / ベン・アフレック / ミニー・ドライヴァー
マット・デイモン&ベン・アフレックを世界的に有名にした、1997年度アカデミー賞脚本賞受賞作品。また、この作品の主題歌『Miss Misery』(アカデミー賞主題歌賞ノミネート)は、エリオッ トのファンであるガス監督が依頼し、この映画のために書き下ろされた曲となる。
作品内使用曲 : no name#3 / say yes / between the bars / angeles / Miss Misery
 コメント

先に逝ってしまった者へのいちばんの供養は、その人を美化したり、その人の「非在」をいつまでも嘆き悲しむことではなく、その人の真実を見つめることだと思う。その音楽だけでなく、映画を通してエリオット・スミスの真実を見ることで、彼が生きている時に発していながら、ぼくらには聞き取ることができなかった「言葉」を、今こそ新たに聞き取ることができるのではないだろうか。
中川五郎


「heat miser」解散後の彼に、僕はずっと励まされていました(あんな日を迎えるまでは!)。古くからの友人達との決別の後、彼は一人で『either/or』という名盤を作り上げました。彼と同じように決別を迎えそうだと思い悩んでいた僕のハートを熱くさせてくれたのです。そして誰よりも綺麗な曲を書く彼の才能に、僕は嫉妬をした訳です。絶対的に美しいものを忘れていく必要などないのです。

中嶋佑樹(SPIRO、The Pictures Of Me)


映画『サウスランダー』の中で、エリオット・スミスは主人公チャンスのシンセサイザー、「69年型モルトロン」を吹き替えで演奏している。その白いシンセは、これまでに存在したどんな楽器よりも「超未来的(モスト・フューチャリスティック)」なサウンドを生み出すのだそうだ。 時代遅れの超未来によって奏でられるメロディは、とても美しい。 思えば『from the basement on the hill』を聞いたときも、似た感じがした。 丘の上の地下室からも、過去に遡りながら未来に向かう音がする。

それと同時に、この映画の最後でチャンスが過去でも未来でもなく「いま」に間に合ったことを、彼の声が祝福していたのも、僕にとっては大事なことだという気がしている。
結城秀勇(「nobody」編集部)


みんな怒っていたり、泣いていたり、笑っていたり。なのに彼の声にはそれらを感じなかった。感じたのは心そのもの。
小林英樹(some of us)


ご来場ありがとうございました。収益の一部を"Elliott Smith Memorial Fund"に寄付させていただきました。
information : CinemaROSA 池袋西口 03-3986-3713