『吐山ゆん特集上映』(6/28up)

ゆかちゃんの愛した時代 (2018年/30分)
監督:吐山ゆん
キャスト:吐山ゆん/山科圭太/マーク・パンサー(友情出演)/ほか

「平成」が残り1時間となった2019年4月30日の23時、平成元年生まれのローカルタレント・湯川ユカは、マネージャーの半田マサオと打ち合わせをしていた。しかし、ユカは平成の思い出ばかり話していて仕事の話に身が入らない。
やがてユカの平成への思いが音楽にのってあふれだしていく。そして午前0時が近づき、ユカはマサオとやり残したことに気づく。

破れタイツ (2011年/45分)
監督:破れタイツ(吐山ゆん、西本マキ)
キャスト:吐山ゆん/西本マキ/松倉智子/ほか

高校生の角谷マリと守田ミサオはいつもつるんで騒いでいる。
マリは破天荒な母親に、ミサオは恵まれない男運を呪う。
何気なく流れる日常と大人からみればほんの些細なことかも事かもしれないが、思春期ならではの問題に立ち向かっていく破れタイツふたりの実話も織り交ぜた青春ストーリー。

Drill&Messy (2016年/40分)
監督・脚本・編集:吉川鮎太
キャスト:佐々木詩音/吐山ゆん/劇団子供鉅人/ほか
※本作品は、18歳未満の方はご鑑賞いただけません。予めご了承ください。

大学の映像学科に通う雪緒は、女の体を様々な流動物で汚す様子を撮影している。
ある日、彼は何気なく覗いた彫刻室で、一心不乱に石膏像を破壊している女・真衣と出会う。
汚すことに美を見出す男と、壊すことで完成させる女。ふたりの芸術性と欲望は似ているのか、正反対なのか。一方、彼らの住む街では、通り魔が横行している……。

あたらしいニュース (2020年/69分)
演出:森田あや
キャスト:竹井亮介/宮原奨伍(大人の麦茶)/井上幸太郎/吐山ゆん/板倉哲(青年劇場)

九条改憲の国民投票が迫り、特需に沸く零細ネットメディア制作会社。
だが、納品した記事に自衛隊からクレームがついた。ねつ造の疑いがかけられたのだ。
代理店も巻き込み彼らはもはや風前の灯だ。
※2020年3月に吐山さんが出演した舞台映像になります。

・リピーター割引:『吐山ゆん特集上映』の半券提示で1000円
・各日ともチケットは当日オープン時より劇場窓口にて販売致します
・その他ご不明な点などございましたら劇場までお問合せ下さい。
 
お問合せ : 池袋シネマ・ロサ 03-3986-3713